文化の学習室 父の日


 アメリカのソノラ・スマート・ドットという女性は、早くに母を失い、父親の手で育てられた。

 ソノラは、その父への思いから、
・父親の誕生日に「父に感謝する日」として、牧師さんに礼拝をしてもらい、
・「母の日同じように父に感謝する日を作ってほしい。」
 と、嘆願運動を始めた。
そうな。


 これがアメリカの各地に広がり、1972年に、リチャード・ニクソン大統領が、国民の日と定めた。
 アメリカで母の日が誕生してから、ほぼ60年後のことであるそうな。
 やっぱり子どもにとっては、父よりも母の方が身近なんでしょうかねえ?(父親の僻み)
 


 日本では「日本ファーザーズ・デイ委員会」が中心となり、父の日には「黄色いリボン」を贈るよう推奨したりしているそうだ。
 昔から、黄色は幸せを呼び色と言われているからね。

 
因みに、6月の第3日曜日が、父の日だ。

 ところで、ある調査によると、
・母の日にプレゼントを贈る:63%
・父の日にプレゼントを贈る:37%
だったそうな。
 やっぱり、母よりも父の方が影が薄いか?


 何はともあれ、
「父の日、万歳!!!」